当日レポート
10社合同企画 湊かなえ デビュー10周年 47都道府県サイン会ツアー「よんでミル? いってミル?」

47都道府県サイン会の当日の様子を編集・営業担当者がレポートにしてお送りします。

47都道府県リスト

青森

岩手

宮城

秋田

山形

福島

茨城

栃木

群馬

埼玉

千葉

東京

神奈川

鳥取

島根

岡山

広島

山口

福岡

佐賀

長崎

大分

熊本

宮崎

鹿児島

2018.6.2自由書房EX髙島屋店(岐阜)

2017年1月にサイン会ツアーのスタートを切った東海地方。今回は新刊『未来』をひっさげ、戻ってまいりました! 後半戦の一日目は岐阜市。駅前には市制120周年を記念して2009年に建てられたという、目が眩むほどピッカピカの織田信長像が出迎えてくれました。抜けるような青空とのコントラストが素晴らしい……。
岐阜14時からのサイン会の前に、本日お世話になる自由書房の篠田社長と大塚部長と共に、長良川のほとりに佇む明治時代からある風情ある建物のお座敷で、ステーキをいただきました。湊さんのてのひらより大きなお肉。お席で焼いていただくパフォーマンスにテンションがあがります。
岐阜岐阜お座敷の窓から見えるのは“ハイテンション!”とは真逆の静謐な長良川。こんなに静かで美しい川だったんですね。「どっちに流れているのかわからない。まるで止まっているみたい!」という湊さん。そして、岐阜の伝統工芸の一つである和傘を篠田社長からいただきました。
岐阜岐阜さて、お肉でパワー満タン。いよいよサイン会開始です。「豊橋のサイン会に行きたかったけれど、予約券が取れなかったので岐阜までリベンジしに来ました!」という方が何人もいらっしゃいました。「毎日公式HPを見て、いつ岐阜がアップされるのか楽しみにしていました」という方たちも。気長に待っていただいていたんですね。とてもありがたいです。
岐阜岐阜ご家族全員で来られた方や、母娘さん、お父さんと娘さん……ご家族で同じ本を読み感想を言い合う……その光景を想像しただけで幸せな気持ちになります。

また、定時制高校にお勤めの方が「『未来』の中で、本当の定時制の姿を描いてくださってありがとうございました。定時制に対する偏見を正してくれて嬉しかったです」とおっしゃったのが印象的でした。湊さんと同じ年で、お子様も湊さんのお子様と同じ年、という女性が多かったのも驚きました。湊さんにお子様のことや将来のアドバイスを求める方も多く、作品を通して、同年代だからこそわかりあえるものがあるのかもしれないな、と思いました。
岐阜岐阜約三時間のサイン会を終えたあとは、「鵜飼い」を見に再び長良川へ。岐阜に来る前「岐阜といえば鵜飼いですが、ご覧になりますか?」とお聞きしたところ「「鵜はわたし、鵜飼いは編集者だと思うの。だから本物を見たい」と答えた湊さん(なんてことを……)。

夕方、小型の観覧船に乗り込みます。暑くもなく寒くもなく、湿気のない気持ちのよい風を全身に受けながら、まずはおいしいお食事。風折烏帽子に腰蓑という出で立ちの鵜匠に、鵜飼いの歴史や鵜舟で行われる作業の説明をしていただきます。
岐阜岐阜岐阜あたりが暗くなった頃、鵜飼いの始まりを告げる花火があがります。舟の上から、こんなに間近で花火が見られるなんて!篝火を焚いた鵜舟が川幅いっぱいに一列になり、鮎を浅瀬に追い込む様はいっとき、現実を忘れてしまいます。

正直、見る前までは、鵜は毎日苦しい思いをしているのではないか、と思っていましたが、まったくその認識は変わりました。もちろん歴史や鵜匠との関わりを聞いたから、というのはありますが、腰が引けているわたしに湊さんの「鵜匠と鵜の信頼関係があってこそ!つまりは犬ぞりみたいな感じ。鵜はすごく大切にされてる」とか「先頭集団はエリートだから、動きがいい!オレはやるぜってやる気満々で、イヤイヤなんてやってない。ほら、終わったあとのやりきった感! 充実した表情を見て!」という解説があってこそ、でした。鵜(うーたん)の擬人化、最高でした。
岐阜岐阜岐阜舟を下り、「年のせいなのか、ここに来たからなのかわからないけど、いままではなんとなく、演歌だな、と聞き流していた五木さんの『長良川艶歌』の歌詞のひとつひとつが、すごく頭に入ってくる」と言う湊さん。まるっと同意です。

エリア別記事リスト

北海道・東北地方
関東地方
  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
北陸・甲信越地方
東海地方
関西地方
中国地方
  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口
四国地方
九州地方・沖縄
Topに戻る